自分持ってますか?

人の意見に惑わされる生き方

「私ブランド物興味無いの」とか、「物欲ないのよね。」とか言う話を発言力の強い人から聞いて物欲があることやブランド物が欲しいと言う気持ちが悪いことだと思い罪悪感を抱く人もいる様ですが、異常なまでの物欲はもしかしたら人生を狂わせてしまうかもしれませんが、逆に欲しい物があると言うことで自分の人生を楽しめたり、買い物をする事でお店の店員さんやオーナーさんを喜ばせてあげることも出来るので、一概に悪い事と決め付ける必要はないのではないかなと思います。自分から見て憧れている人や、すごいなと思う人の発言に、自分自身の人生を比べて出来てる出来てない、良い悪い決めてしまう人が意外と多く、そんな生き方まで人に合わせる必要ないのになと度々思います。

物事には様々な側面があり、見方を変えると善にも悪にも変化しますし、国や時代が変わればその中での正義も変わるので、誰か他の人が良いと言ったからと言って必ずしも良いとは限らないですし、もしかしたらあなたにとっては逆の影響があるかもしれません。何より大切なのは今現場に満足しているのであれば、それを否定してくる意見に対して無理に合わせる必要はないと言うことだと思います。しかし、これは現状に満足している場合なので、もし何か今の状況に不満があるのであれば、全く違う考え方を取り入れてみる必要もあるかもしれませんが、人の意見は人の今までの人生の経験の上に成り立っている意見なので、あなたの生き方にはほとんど関係なかったり、通用しない事が多々あると言うことも覚えていた方がいいかもしれません。

自分がわからなくなる

人の意見に左右され自分自身の人生をその他人の意見に委ね続ける事で、本当の自分の考えを見失っていく可能性もあります。本当はやりたい事があったのに、自分の気持ちを押さえ込んで人から言われる事だけをやっていくうちに、本当の自分の気持ちが見えなくなり自分が何をしたいのかわからない。夢がない。複数の選択肢があるのに自分では選ぶ事が出来ない。と言う状況に陥っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自分で決める力

もし、長い間人に合わせ続け自分の気持ちがわからなくなっている時は、そのフィルターを取り除くために、毎日の生活の中にある小さな選択を自信を持って決めると言うことを繰り返していけばいいと思います。例えばカフェに入りたくさんのドリンクメニューがあったら、価格やいつも飲んでいるからと言う理由ではなく、一瞬これ飲みたいと思ったドリンクや最初に気になったメニューを即座に注文。そして、その頼んだことをあれこれ考えない。(※アレルギーなど体調に関わるものはもちろん避けてくださいね)この様な自分で決断すると言う訓練を何度も何度も様々な場所で繰り返していくうちに、自分の決断力が上がり次第に周りの意見にも流されにくくなってくると思います。

成功者や凄腕の経営者は決断のスピードが圧倒的に速いと言います。迷ってしまい長い時間考える可能性あるものに関しては、その場では決めないと言う選択を取ると言うことです。だらだらと考えることで5分以上の時間を悩むことに費やしてしまうと、出来ない言い訳、やらない言い訳が出てきやすくなるので本当は上手くいく可能性のあったものさえも考えすぎる事でその芽を摘んでしまう可能性があるらしいです。

経営とまではいかなくても、日頃の生活の中で自分の意見を周りの人に左右されないためにも、小さな決断をたくさん繰り返して、自分の意思で何事も決断するという習慣を持ち、自分のやってる事に対して堂々と自信を持って生きれる様にしてくださいね。自分の人生の主役は他の誰でもなく自分自身ですから。

関連記事