周りとシェア

アウトプット

最近は様々な場所で世の中の最新の情報や有益な情報を手に入れやすくなりました。意識的なインプットをする事はとても大切な事だと思いますが、インプットするだけでは頭の中で情報がごちゃ混ぜになっている事が多く、ある程度情報を得たら周りの人へ向けて口頭やブログ、SNSなどでシェアしたり、メモ帳に書き出したりしてアウトプットする事をお勧めします。インプットした情報を最大限に有意義なものにするためにアウトプットすることはとても意味があり、自分の頭の中も整理されやすく、何度も伝えるという作業を繰り返すことで自分自身でも理解度が増したり、アウトプットする過程で新たな発見があるかもしれません。

せっかく得た情報も自分だけの中に留めておくと、なかなかそれ以上のものに発展する事が少ないのですが、潜在意識的な側面から見れば、情報を自分だけのものにし留めておくという事は私はそれ以上の情報を得る力がない、人に渡すと自分が損するという欠乏のエネルギーを潜在意識に注ぐ事になりさらに情報が入ってきにくい状態になります。逆にどんどん有意義な情報を人のために発信していると、私はこの情報を他の人に渡してもどんどん情報が入ってくるから何も心配ないし、大丈夫と自分はたくさん持っているという満ち足りたエネルギーを潜在意識に注ぎ込む事になります。

イメージしてみてください

あなたが奉仕したりよくしてあげたいと思う人を考えてみてください。自分だけのものにしたいというケチ臭い雰囲気を持ってる人でしょうか。それとも、「私はたくさん持ってるからあなたにもお裾分けするね」といつも周りに何かを与えている人でしょうか。潜在意識という言葉だけで考えてしまうとイメージが湧きにくいかもしれませんが、この様に具体的に考えるとわかりやすいかもしれません。聖書にも「持てるものはさらに与えられ持たざる物は持っている物までさらに取り上げられる」(マルコによる福音書4章25節より)という潜在意識や宇宙の法則に通じる言葉が書かれています。

これからはシェアの時代

さらにこれからはシェアの時代とも言われ、同じ目的意識を持つ人たちで良い物(情報だけでなく物質的なものも)をシェアして発展して行こうという時代になってきているので、自分の持っている良い情報や物を周りの人とシェアしていく事で、同じ様に良い情報を持って発信している人がそばに集まりやすい世の中になっていくと思います。逆に情報や物を周りとシェアしなかったり、情報を得ても無反応な人には本当は欲しいと思っている情報や物も集まりにくくなってくると思います。これからは小規模のコミュニティの中での繋がりや和の意識が増えていくでしょう。

出来る事からでいい

シェアと言っても大袈裟な事でなく、自分の持っている情報や有り余った物を家族や友人たちに向けて渡していくだけの事ですので、気軽に実行されてみられたら良いかと思います。話すのが下手だから伝えたい事が伝わらないという方もいらっしゃると思いますが、話し方はちょっとした技術を得るだけで劇的に変わると思いますので、これを機に話し方の勉強をされてみても良いかもしれませんよ。インプットメインの人生からアウトプットも意識した人生に変わるだけでまた今までとは違った世界が広がっていく。そう考えるとちょっとワクワクしませんか。

関連記事